大阪待ち合わせ場所.com

大阪ライフを100倍楽しむためのコンテンツ

もう迷わない!裏なんばへの行き方!オススメのお店5選

   


どうも!三度の飯よりお酒好きの管理人Kです!

私はとても酒好きで酒を飲まない日は無いと言っても過言ではないです。(飲まない日は相当ひどい二日酔いになった日です。)

今日は私が普段から入り浸っている飲み屋街、裏難波(うらなんば)への行き方、オススメのお店をご紹介したいと思います。

そもそも「裏なんば」とはどこ?

公式にどこからどこまでが「裏なんば」であるという定義は無いのですが、ざっくり言うと千日前線より南側の難波駅と日本橋駅の間くらいのエリアにある飲食店街です。(本当にざっくり…!)和・洋・中と様々なジャンルの飲み屋が所狭しと建ち並んでいる大阪有数の飲み屋密集地帯。毎日多くのお客さんで賑わっています。リーズナブルに美味しい料理やお酒を楽しめる店が多いので特に若者が多く、私(おっさん)もよく行きます。
元々は、味園ユニバースなどのキャバレーや道具屋筋、家具屋通りの倉庫が建ち並んでいましたが、2010年頃から徐々に飲食店が広がっていって現在の裏なんばが誕生したようです。

裏なんばへの行き方

一口に「行き方」といってもスタート地点によってルートが変わりますで説明するのは難しいのですが、今回は南海難波駅からの行き方をご説明します!

①3階北改札口を出ます。
②ながーーーーいエスカレーターを降りて右方向へUターンします。
③なんばCITYをまっすぐ進みます。
④白いブロックが積み重ねられているカフェ「shakers cafe lounge+」のところで左に曲がる。
⑤まっすぐ進み東出口へ。右手に花屋、クリーニング屋があります。
⑥信号を渡ります。
⑦ビルの間の細い路地に入ると、もうそこは裏なんば!
※追記

記事を書きながら気付いたのですが、2階中央改札口から降りた方が近いかもしれないです。

改札を出てエスカレーターを降りて1階へ行くと、上記⑤の東出口に出ます。

多分こっちからの方が早い。

管理人K オススメのお店 5選

私がよく行く裏なんばの店を勝手にご紹介!

スポンサードリンク

■スタンドあじと

裏難波では言わずと知れた有名店「ビストロあじと」の系列店。こちらはオシャレな雰囲気の立ち飲み屋です。特に前菜盛り盛りのコストパフォーマンスが非常に良い。分煙になっているところもgoodポイント。

■日本酒と私


とにかく日本酒の種類が多くどれも安い!日本酒の知識が無くても店員に好みを伝えれば最適なお酒をチョイスしてくれるので初心者にもオススメ。こちらも立ち飲み屋で店のキャパも小さく人気店なので、入れたらラッキーだと思ってください。笑

■丑寅(うしとら)


こちらも立ち飲み屋!こちらも人気店なので、いつ来てもほぼほぼ満席です。刺身や惣菜など豊富なバリエーションがあり、どれも美味しく価格も抑えめ。私はいつも紅しょうが天(なんと180円)をアテに日本酒 風の森を頼みます。

■櫛羅(くじら)


続いて立ち飲み屋(またかよ!) の櫛羅(くじら)。櫛羅もは奈良県御所市の地名で、こちらで作られた日本酒が櫛羅といいます。櫛羅は置いているお店が少ないためなかなか飲むことができないのですが、こちらのお店では櫛羅を中心に美味しい日本酒を取り扱っておられます。料理も美味しく、私は特にここのおでんが大好きです!

■立ち飲み牡丹 2号店


こちらも立ち飲み屋!(結局立ち飲み屋)先ほどご紹介した櫛羅の向かいにあります。フードもお酒もメニューが豊富でとにかく安い。店員が気さくで話し上手なのでお酒もススム!

まとめ

裏なんばには、本当に素敵なお店が多くいつ行っても賑わっているので、裏なんばにいるだけで楽しい気分になれるという不思議な魅力があります。駅近なので酔っても駅までたどり着けるのも私にとっては魅力です。笑

「裏なんばへの行き方」は需要があれば他のルートも追記しようと思います!

ではでは。

 - 難波